« 生い立ち | トップページ | 個人紹介 ~りんさん篇~ »

2009年12月24日 (木)

生い立ち その2

今日は矢七さんの生い立ちをお話しさせてください。

4兄弟と暮らしはじめたその2年後、私たちが住むアパートの下でボロ雑巾のような
子ネコと出会いました。 それが矢七さんです。
あんな悲痛で悲しい表情をした子ネコは見たことがなかったです。
子供たちから砂をかけられたり、足でつつかれたりする場面を目にし、
心配で心配で仕方なかったです。
でも4兄弟がすでにいるため、もうこれ以上増やすことはできない。
簡単に保護するということはできず、2日間悩みました。
辛かった里親さん探しをまたするのは厳しいけど、
家で迎えられない以上、里親さん探しをするしかない。
それまで育てていこうと保護することを決めました。

保護を躊躇していたその2日間で矢七さんはとても衰弱し動かなくなりました。
すぐに病院に連れて行き診察してもらうと高熱があり衰弱しきっていることと、
先天性の心臓疾患があるとわかりました。
5.6年元気にしているコもいるけれど、1年もたないことも
あると言われた時は、本当にショックでした。
悲しい今までの記憶は消えて、優しい里親さんに迎えられ
幸せな生活をしていくものだと思っていました。

元気なコより長く生きられないかもしれないということ、
突然死の不安がぬぐえないこと、毎日の薬が欠かせないこと、
それらを考えると里親さんになってくれる人を探すのはとても難しい。
もうこうなったら4匹も5匹も同じだ!と、半ば開き直って我が家へ迎えました。


保護した次の日、汚れまくった体を拭いて、これでもかなりキレイになったほう(^^;)
Out_img_r

真剣におトイレ中。
Out_imgca0rxeyr_r

はじめてトイレをした時、矢七さんのウンチから出てきたものは
草の根っこと麻のような紐でした。
お腹をすかせて、なんでもいいから口に入れていたのかと泣けて泣けて…。
このことを思い出すと今でもダメです。

今はもう「めでたい!めでたい!」 と、毎日大忙しのお祭り男です。
ちなみに時々発作のようなものがあるものの、基本とても元気です!

*****************************************************************

|

« 生い立ち | トップページ | 個人紹介 ~りんさん篇~ »

コメント

うう。。。やっくん。。。(涙)

必死のトイレ顔、現在顔の面影がちゃんとあるね~
たくさん食べて、親分に甘えまくって、てんさんに頼りきって、親分家のオチ担当として、ずっとず~~~~っと元気でいてね!!

投稿: ちゃー | 2009年12月24日 (木) 11時19分

矢七さんの生い立ちを、お昼のからあげ食べながら
ウルウルしてました....。
親分サンちに来て、ホントに良かったねぇ~。

病気を抱えているけど、そんなコの方が
ちゃんとケアするから、元気にいられると思うよぉ~。
これからも、親分さんを癒してあげてねッ!
(がぶがぶして、怪我させちゃあかんヨ)

投稿: 坂ち | 2009年12月24日 (木) 13時03分

はじめまして。

4にゃんずの生い立ちから拝見させて頂きました。
矢七さんの話も含め、
それまでの生い立ちを考えると涙がでます。
人間は可愛いと簡単に飼うけど、
簡単に捨てたり、もしくは弱い者に虐待したり・・・。
こんなに可愛い小さな動物を何故虐めるのか、
子供も無邪気にしても、きっと親が命の尊さを教えてないのでしょう。

今は5にゃんずが幸せに過ごせて良かったな、と思います。
今は何歳なのでしょうか?
他のブログでもあるように
捨て猫と出会う人は、猫神様が憑いているのか、
又優しいからでしょうね。

私も里親を探している方から
猫を譲り受け飼っているので
1匹でも穏かな家庭で家族の一員として過ごせる事を願います。

これからもブログ立ち寄らせて頂きますね。

投稿: ももこママ | 2009年12月24日 (木) 15時43分

はじめまして。 私も5にゃん’ずの生い立ちから拝見させていただきました。 もう、親分さんの保護当時の想いを思うと、ウルウルッときてしまいました… もう、切なくて切なくて… でも、親分さんという素晴らしいお母さんに出会えてみんな幸せですね これからもちょこちょこお邪魔したいと思います♪

投稿: ポロママ | 2009年12月24日 (木) 23時04分

矢七さんの生い立ち、涙が止まりませんでした。。。
今は幸せだよね。
ずーっとずーっと元気で長生きしてね!
宜しくお願いします。

投稿: そのみ | 2009年12月24日 (木) 23時27分

う~~~~~~~~~
泣いちゃいましたぁ。。。。。。。。。。。。。。
やっつん、、、、、辛くて怖い思いをいっぱいしたんだね。。。
こんな小さな身体で必死に生きようとしていたのかと思うと、本当に涙がとまりません
でも、今は、愛情いっぱいの親分・子分さんのもとで大事に大事にされているから、本当によかったです
親分さんたちに「やっつんを助けてくれてありがとう」と言いたいです

投稿: まどにゃあ | 2009年12月25日 (金) 02時50分

みんなの生い立ち、読ませて頂きました。

ひどいことをする人がいるものだと怒りに震え、親分さんのような強く優しい方がおられるということに感動と安心を覚えています。この世もまだまだ捨てたものじゃない。

そしてみんなの子猫時代のかわいらしいこと!!!
親分さんちの子になれて、安心しきった様子が写真からも伝わってきます。

みんな、本当に良かったねえ〜!!!

私自身は子供の頃から何十匹のネコたちと暮らして来ましたが、田舎なのもあり?捨て猫を拾って育てた経験はないんです。だから授乳、排泄のお世話で疲労困憊という経験もなくて、、、そういう意味で親分さんと5匹の関係を少し羨ましく思いますよ。

バンバンも最初は捨て猫で拾われたそうです。私が3代目の飼い主ですが、もらった時はもう6歳だったので、ちょっとだけ育児の経験もしたかったなあ、バンバンはどんな子猫だったのかなあ、と、遠い昔に思いを馳せています。

運命と固い絆で結ばれた5匹と親分さん。
ずーっと応援させて頂きますね!!!

矢七さんも病気に負けずに頑張れーーー!!!(o^-^o)

投稿: 飼い主Y | 2009年12月25日 (金) 07時01分

こんにちは、親分さま!
4月に猫パンチTVイベントに参加した際に、
「これを食えと…」http://gogo5nyans.exblog.jp/10777620/
とか 初パーマな一枚http://gogo5nyans.exblog.jp/10801231/
を拝見していらい、5にゃんs大すきのcoccoです。
(本当に、本当に衝撃でしたね…)
実はわが家にも訳あり猫さんが3匹…
猫アレルギーの家族の抗議をかわしながら
勤務先の青山からはるばる神奈川の果てまでつれてきた
猫たちがいます。

家族の事情もありいろいろ大変ですが、
いつの間にか9年もたち、
いまではかけがえのない宝物に…

これからも親分ファミリーのご活躍
ずっと楽しみしています。
どうぞよろしく


投稿: cocco | 2009年12月25日 (金) 08時18分

あらためて5にゃんずの生い立ちを拝見して
もう、涙が止まりませんでした‥

親分さんがワタシにかけてくれる温かい言葉が
いつも心にダイレクトに届くのは、
ご自身もこうして迷い、悩み、
でもにゃんずと一緒にいる事を選んで
何よりも大切に思われてるからなんですよね。

5にゃんずはもちろん、
ワタシも親分さんに出会えて良かった(●^o^●)

投稿: m* | 2009年12月25日 (金) 16時00分

◆ちゃーさんへ

あんまり変わってないでしょ?
他のコたちはわりと変化を楽しめたんですが、
やっつんは比較的このままびよびよっと
大きくなった感がありますね。
親分、日々ストーキングされてますが
喜ばなきゃいけませんね(^^;)
やっつんは我が家のリーサル・ウェポンなもんで(笑)


◆坂ちさんへ

ご、ごめんなさい!
せっかくいい話しをしてくださったのに…
親分、「からあげ食べながら」の部分でふいちゃった(笑)
すみません…(^^;)

確かにそうかもしれません。
何かにつけて気にしたり気をつけたりしますもんね。
矢七さんの持って生まれた生命力もあると思いますが、
ケアできる部分はしっかりやれば大丈夫ですね(^^)
ぶ~コちゃんを目指して頑張ります!!


◆ももこママさんへ

はじめまして。
遊びにいらしてくださり、ありがとうございます!
コメント拝見して、本当そのとおりだなと感じました。
動物の命を軽視し過ぎるんですよね。
ひとつの命を育てていくことの重さをわかっていないというか…。
日本は動物に関しての罰則が軽すぎること、
物扱いとしてしか考えられていないということも
原因があるような気がしてなりません。

ももこママさんは里親さんを探している方から
ネコさんを迎えられたんですね。
こういうお話を聞くとホッとするというか、
幸せな気持ちにさせてもらえます。
ありがとうございます(^^)

生い立ちの話しこそこんなですが、
いつもはふざけた実写ネコマンガばかりのブログなんですよ(^^;)
こんなですが、気に入っていただけたら
5にゃん'sを可愛がってやってくださいませ。
オマケで親分も…(笑)
あっ、4兄弟は現在6歳で矢七さんは4歳です。


◆ポロママさんへ

はじめまして。
遊びにいらしてくださって、ありがとうございます!
いえいえ!素晴らしいお母さんなんかじゃないんですよ(^^;)
4兄弟の時は助言してくださったり、励ましてくれる方がいてくれたり、
支えてくださった方々がいたから、命をつなげたんだと思うんです。
今となっては、ただただ必死だったということだけですね。
矢七さんは出会いが悲惨だっただけに、泣くことが多かったですね…。
今はネコのいる生活をネコ貧乏と楽しんでおります!(笑)
これからも見守っていただけたら嬉しいです。


◆そのみさんへ

おかげ様で今はみんなで毎日「めでたい!めでたい!」と
お祭り気分で暮らしています。
本人たちが幸せだと思ってくれていたらそれは本当に
嬉しいことですね(^^)
みんなが元気に楽しく猫生を送ってくれることが
私たちの幸せでもあり、5にゃん'sの幸せでもあると思ってます。
こんなふうに家族以外の方からも言葉をいただけるなんて
5にゃん'sすでに幸せです。 ありがとうございます。


◆まどにゃあさんへ

検便するのに病院にウンチを持っていかないといけなくて、
ウンチの中を見た時は本当にショックでした…。
こんな小さな体で、とりあえず食べなきゃって思って口に
したのかなとか、いろいろ考えていたらもう泣けて泣けて。
絶対に幸せになろうね、って抱っこしながら呪文のように
唱えてたのを覚えてます。
今はとんでもなく元気で嬉しいかぎりです。
私もうちに来てくれてありがとうという気持ちです。
やっつん、おもしろいし(笑)


◆飼い主Yさんへ

バンバンちゃんももとは野良さんだったんですよね。
干からびそうになっているところを保護されたという部分を
読むたびに、ひとりでどんな思いをしてたのかなとか
心細かったんじゃないかなとか、いろいろ想像してしまうんですよね。
でもバンバンちゃん、幸せオーラばしばし出まくってるくらい
今がとっても幸せなんだなーってすごくわかります(^^)
お留守ばんもちゃんとできるカワイイちゃんですしね!

5にゃん'sとは相思相愛だと思い込んでいるんですが、
どうも時々もしかして一方通行??と感じるシーンがあって
寂しくなることもあるんです…。
でも、固い絆で結ばれたなんて言っていただけると、
すごく嬉しくなってしまいます(^^;)


◆coccoさんへ

お久しぶりです!
旧ブログの方でコメントくださったこと覚えてます!
その節はありがとうございました(^^)
しかもまだ覚えていてくださったことと、
わざわざ当時の記事を載せてくださったこと、
とっても嬉しかったです。
また、5にゃん'sのこと、気に入ってくださり
本当にありがとうございます!
本人たちにもしっかり伝えます!!

coccoさんも大変なおもいをされたんですね。
なにがあっても守ろうと思う気持ちが伝わり
coccoさんの強さも感じました。
だからこそ「いまではかけがえのない宝物」と
思えるんでしょうね。

始まったばかりで右も左もわかりませんが、
これからも見守っていただけたら嬉しいです。


◆m*さんへ

もぉ~~そんなこと言ってくれちゃって~。
泣いちゃいますよ、親分(><)
こちらの方こそ、出会えたことに感謝してますよ!
m*さんの、にゃいさんを思う気持ちとか
理解してあげようとしている優しさは
読んでいて胸が詰まることさえありますもん…。
勉強になるというか、こうして強い絆で結ばれていくんだなって。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします!
にゃいさんにもよろしくお伝えください(笑)

投稿: 親分 | 2009年12月26日 (土) 00時52分

今や、ニンゲンが自分の子どもを置き去りにしたり、
虐待したりという世の中です。小動物だけではありません。
抵抗できない弱い命を粗末にするニンゲンを私は許せません。

猫さんたちと暮らすようになって、
それ以前に比べてさらに強くそう思うようになりました。

どうすればもう少しいい世の中になるんだろう。

投稿: たけ | 2009年12月27日 (日) 00時52分

◆たけさんへ

そうなんです。
私もまったくたけさんと同じです!
5にゃん'sを迎えてから、動物に関するニュースや
今の現状など知る機会も増えて、それらに敏感に反応する
ようになってしまいました。
酷い…って言葉しか出てこないようなこともあったりして、
本当に何をどうしたら世の中少しでも改善されるんでしょうね…。
私たちにもできることは必ずあると思うので、
些細なことでも出来ることから始めようと思います。

抵抗できない弱いもの、小さな命を守れる世界にしたいですね。

投稿: 親分 | 2009年12月27日 (日) 09時44分

小さな矢七さんの、それでも生きようとする力。
ほんと、親分さんに出会えて良かったね・・・(´Д⊂グスン
写真の中の矢七さんの表情は、まだちょっと不安気なのかな?

今ではお祭り男の矢七さん、実は根性のある子だったんだねー。
これからも、世界の平和のために頑張ってくれたまえー!!


投稿: ぴよ | 2010年1月 3日 (日) 00時13分

◆ぴよさんへ

4兄弟とは比べようがないほど汚れて、それはそれは悲惨でした。
しかも本当にあんな悲しげで息絶えそうな表情の子ネコって
見たことがなかったほど弱りきってたんですよね…。
写真もこんな姿は撮らない方が…って言ったんですが、
子分がこんな姿だって立派な成長記録だと、
やはり勝手に撮ってました。

今は毎日毎日お祭りめでたい男になってくれて、
見ていて飽きない本当に面白いコに育ってくれました。
世界平和のためにきっと頑張ってくれると信じております!(笑)

投稿: 親分 | 2010年1月 3日 (日) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生い立ち その2:

« 生い立ち | トップページ | 個人紹介 ~りんさん篇~ »