« 見せなきゃよかった… | トップページ | 箱使い »

2010年3月 4日 (木)

ゴシゴシゴシゴシ

先日、足元が見えないくらいの洗濯物をもりもりに持って
ベランダに出た親分。
それがいけなかった…。
5にゃん'sが寝てるのをしっかり確認してからベランダに出たはずなのに、
なぜかやっつん、外に出てました(ーー;)

Img_3895_r_2

Img_3896_r

Img_3898_r

Img_3897_r

Img_3899_r

Img_3900_r

やっつん日頃から寝ていても、窓が開くとわざわざ起きてくるので
気をつけてはいたんですけどね。

洗濯物を干し終わって窓を閉め、次の洗濯物を持ってベランダに
出ようと窓を見たら外にやっつんがビックリ仰天して
親分を見てるわけです。

ビックリ仰天したのはこっちですよ…。
洗濯物をブン投げて叫びながら窓を開けると「う~にょん、おにゃん」って
ひとり言いいながら部屋に飛び込んできました。

ひとり心臓ばくばくで、何もなかったのにしばらくオロオロして
気がつくと「う~~~ん…、う~~~ん…」と唸っていた親分。
抱っこして出る以外は、5にゃん'sをベランダに出すことはないので、
いやー心底びっくりでした…。

体も顔も力いっぱい汚してくれて、まぁー酷いもんでしたが
何事もなくてホントよかったです( ̄  ̄;)

**************************************************************************

|

« 見せなきゃよかった… | トップページ | 箱使い »

コメント

ひゃー、びっくりでしたね。
何事もなくて本当によかったです。
うちも、熟睡しているはずのこなみ様、
洗濯物のハンガーの音だけは絶対に聞き漏らさないです。
「ベランダ行くの?」
と期待マンマンな目でベランダの戸の前で待っているのです。
仔猫の時に、
「まさかここには届かないだろう」
と思ってたベランダの手すりに飛び乗ってしまい、
本猫、わたしともども仰天。
(さすがに本猫も懲りたらしく、
二度と手すりの先には興味を持たないぞという決意が見てとれます)
勝手に出られるのは本当に怖いです。。。

投稿: 北 | 2010年3月 4日 (木) 15時40分

ひゃ〜 やっつん何でもなくって良かった〜。 親分さんの心境が痛いほど分かります〜。 我が家のポロも一度だけ脱走したことがありまして… 脱走防止してるのにナゼ??でした… しかも、推定3時間の自由行動…(●д●) 一瞬のスキをついてなのでしょうけど、空白の3時間はドキドキハラハラで探しまくりました〜最悪の事態まで考えてしまって… あの時は、怪我なく帰ってきて本当に良かったです!

投稿: ポロママ | 2010年3月 4日 (木) 19時17分

転落とかケガとかなくて良かったね、やっつん

親分様が好きで心配かけたくないのなら懲りましょうね

我が家でも、ほんの数時間前に脱走劇がありました

雨も上がって気候も良くなったので久々に散歩に行こうと玄関を開けて、リードを着けようとした瞬間にダッシュ

幸い1分程度の脱走劇でしたが冷や汗ものでした

さて前のコメントの命名劇ですが

父には「玄界灘の荒波に揉まれてる時に湧いて出た」という名前がつけられ、私には「ドタバタ波乱万丈の人生だけれど、死ぬ時は、ま、幸せでしょ」という名前がつけられました。

つけたのは大叔父(私の父方の祖父の弟)で、四柱推命専門の占い師。
父の名前については大叔父自身が語ったものですが、私の方は手相を見たのとは別の占い師さんから“こーゆー運命”だと聞いたもの。
そのとき、もうちょっとマシなのを…と言ったら、『名前負け』しない最大級の良い名前なんだから感謝するべきと諭されました。

ちなみに共に人生は名前通りで(^^;
最近は「死ぬ時が幸せならいいか…」と開き直っています

「占いというのは人を幸せにするためのもの。だから良い部分だけを信じればいい。」
これは大叔父の言葉の中で最も好きなものの一つです

投稿: kuro-rin | 2010年3月 4日 (木) 20時53分

ウチはベランダには出ちゃいますね~。
6階なので、落ちるとヤバいんですが、
クロさんはすぐに高いところに飛び乗っちゃいます。。。

あとの二人は人工芝の上でゴロゴロしたりしています。
やっぱり自然光がいいのかなあ。。。

投稿: たけ | 2010年3月 4日 (木) 21時37分

まったく同じだわよ(笑)
洗濯物持ってベランダ向かうといつの間にか私より先に到着してる(笑)
5階だけど手すりに飛び乗ることはないし全く心配なし。
そしてゴロゴロしてもキジトラなので汚れはわからん(爆)
やっくん、ほとんど白地だから大変だね('ー') フフ

冬場でも窓開けると「ふんふん」って匂いかいでるから、やっぱ自然を感じたいのかも~~?

めでたいやっくんもおっかさんに恐怖覚えたか(* ̄m ̄)プッ

投稿: ちゃー | 2010年3月 5日 (金) 10時10分

親分さんチは何階??
写真でお隣の屋根が見えるから、3階位かしら‥
やっつん、本当に何事もなくて良かった~(。>0<。)

毛の間に入っちゃった土埃みたいなのって
拭いても拭いても落ちないんだよね。
にゃいさん白靴下なんで、しょっちゅう泥色になって帰ってくるよ。
そんな時には諦めて、肉球まわりだけを拭いてます。はい。

投稿: m* | 2010年3月 5日 (金) 16時02分

ひゃぁ~、はっ!はっ!はっー!ヽ(*≧ε≦*)φ
すいません、親分さんー。
矢七さんがゴシゴシされているのを見てるポンさんが
私のツボにはまってしまって…
なぜ、わざわざあの穴から覗くのー? ポンさんー。

矢七さん、シャバの空気の方ががいいのでしょうかね~~(^^;
とにかく、また次のチャンスを狙ってる顔ですね、あの顔は!

今の家にはベランダがないので、その心配はないですが、
以前住んでいたマンションは10階だったこともあり、
ベランダにハトよけネットを張り巡らせて、内側からも外側からも
何も出入りできないようにしてましたねー。
ネットを張る前、ベランダの手すりにとまっていたハトを捕まえようと
JBが手すりに飛び乗ったのを見て、私も心臓が止まりました、5秒くらい…。

投稿: ぴよ | 2010年3月 5日 (金) 23時33分

出ていたのを知らずに見つけたときのショックは
本当に心臓止まって寿命縮まるの分かります~
やっつん何もなくてよかったですね。
私もぴよさんと同じく、なぜにその穴から覗く・・・
なポンさんがツボです(笑)可愛すぎます
超ゴシゴシされてるやっつんのお顔も超可愛いですね

投稿: マカロニ | 2010年3月 6日 (土) 11時53分

◆北さんへ

こなみ様はハンガーの音なんですね。
どうしてすぐにわかるのでしょうか?
もう気が気じゃないです…。

手すりという文字を見ただけで
気が遠くなりそうでした(><)
でも自らの固い決意となると
もうその心配はなさそうですし、
安心ですね。
本当に勝手に出られるのは怖くて
イヤです…。


◆ポロママさんへ

うわぁーそれは心配でしたね…。
防止してるのに出てしまうなんてショックですね。
ポロママさんのコメントを読んでいて、
自分と置き換えて考えたら
慌てふためいてどうにもこうにもジッとして
られないだろうなと思いました。
3時間は長いですよ…。
ただただ無事に帰ってきてくれたことが
なによりも嬉しいですね。
あぁ、よかったよかった(T∇T)


◆kuro-rinさんへ

おかげ様で何事もなく、白い体が黒っぽくなっただけで
済みました(^^;)
さて、とてもタイムリーなことだったわけですね、kuro-rinさん…。
短い時間だったとはいえ、脱走だなんて、いやー心配ですよ。
なんでもなくてよかったですね。

お名前のこと、お話くださってありがとうございます。
深いですね…。
ちゃんとした方にお名前をつけていただいて
幸せじゃないですかkuro-rinさん!!
しかも、まだまだ人生はこれから!
その前にきっと幸せが訪れますよー。
というか、健康で変わりない毎日を一日一日過ごしていけることが
なによりの幸せなんじゃないかな、と最近すごく感じてます(^^;)

大叔父様のお言葉…心に銘じて、これから良いことだけ信じていきます!


◆たけさんへ

6階…
たけさん、もう文字を見てるだけで
くらくらです、親分…。
何か防止策されてるんですか?
手すりなんかに乗られちゃったら
もう危なくて怖くて…
想像しただけでダメです。
クロさん、みんなと一緒に人工芝で
まどろみましょうよぉ~~~
お願いッ!(>人<)


◆ちゃーさんへ

けっこう多いんですね、ベランダに出たがるにゃんこ。
しかもベランダに行くのがわかるんですね。
うちは即出るのはやっつんだけで、
チョビさん以外の3人は、何をそんなに観察してるのさ!ってくらい
よーく周りを見て嗅いでしてからじゃないと出ないんですよ。
チョビさんは全く興味なしです(^^;)
網戸で窓を開けてあげると5人全員でキャットタワーに乗って
懸命に外の匂いを嗅いでます。

やっつんどえらく汚かったですよー。
でも、それってベランダのお掃除が行き届いてないって
ことですよねぇ~~(^^;)

投稿: 親分 | 2010年3月 7日 (日) 17時57分

◆m*さんへ

す、するどい…
m*さん、千里眼!?(笑)
そうなんです、3階です!
本当に何事もなくてよかったです。

あんなゴシゴシ拭いてますが、結局のところ
親分の確認ミスみたいなかんじで
こんなことになったんですよね…。
反省しなくちゃいけないのは自分でした(ーー;)

そっか、にゃいさんは白靴下だもんね。
拭いても拭いても落ちない汚れってあるから
諦めちゃう気持ちもわかります。
なぜか泥色に激しく反応してしまったわ(笑)


◆ぴよさんへ

ポンさんね、ずーっとあの穴から見てたんですよ。
鳴くでもなくただじっとして見てました。
彼的に何か思うところがあったんでしょうけども、
見づらいあの穴からよく動かずにいたなと感心しちゃいます(^^;)

さて。
読んでるだけでどきどきしてしまいました。
10階だなんて…
10階の手すりだなんて…
もぉ~~~腹痛起こしそうですよ。
ぴよさん、心臓5秒後に蘇生できてよかったですね(T-T)

JBちゃんもぴよさんも何事もなくてよかったわ…。


◆マカロニさんへ

おかげ様で何事もなく、本当によかったです。
猛烈に反省しております…。

あの時は本当に衝撃的でした。
いるはずのない、絶対にいるはずのない
やっつんがビックリ仰天して窓越しに私を見ている…。
今思い出してもどきどきしちゃいます( ̄ ̄;)
汚れまくっただけで済んで本当に
よかったです。

ポンさんはなぜ、
あの穴から一部始終を見ていたのでしょうか?
困ったことをされているやっつんを見て
楽しんでいた?
そうだったとしたら…
親分育て方を大いに間違ったと思います(TmT)

投稿: 親分 | 2010年3月 7日 (日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴシゴシゴシゴシ:

« 見せなきゃよかった… | トップページ | 箱使い »